ホーム > 研究活動 > メンバー

Last-Modified:29-Oct-09 07:27:01. JST

松木邦裕(MATSUKI, Kunihiro)


所属:京都大学大学院教育学研究科
職階:教授

グローバルCOEでの主な担当プロジェクト

  • ユニットC関連プロジェクト(ユニットC)

研究紹介
 精神分析・精神分析的心理療法の実践によるこころの解明、ならびにその分析臨床から得られたこころの理解を、より広範な臨床に応用する試みを探索している。
 人間のこころの深部、とりわけこころの無意識の病理や無意識の関係性を理解し、それらに働きかける方法としての精神分析、精神分析的心理療法を実践し、精神分析による人のこころや関係性の理解の精密化と技法の深化を追究している。また、精神分析と精神分析的心理療法の実践家、指導者を教育・育成している。加えて、それらの理解や技法を応用する形で、広く教育領域、養育領域、医療を含む精神保健領域、司法領域において個人のこころの理解や関係性の理解と改善を目指して教育・啓蒙を実践している。

主要業績
『分析空間での出会い』 人文書院 1998
『精神病というこころ』 新曜社 2000
『分析臨床での発見』 岩崎学術出版社 2002
『私説 対象関係論的心理療法入門』 金剛出版 2005
『摂食障害というこころ』 新曜社 2008
『精神分析体験:ビオンの宇宙』 岩崎学術出版社 2009
『分析実践の進展』 創元社 2010(出版予定)

Page Top

powered by google