ホーム > 研究活動 > メンバー

Last-Modified:25-May-08 14:27:25. JST

明和政子( MYOWA-YAMAKOSHI, Masako)



所属:京都大学大学院教育学研究科 教育方法学講座(発達教育論)
職階:准教授

グローバルCOEでの主な担当プロジェクト

  • 「心が活きるフィールド教育と生涯発達のサポートとシステム」(ユニットC)

研究紹介
専門分野:比較認知科学,発達心理学
 人間の形態的な特徴と同様、目には見えない人間の心のはたらきも、進化的淘汰の産物です。人間らしい心とはどのようなものか(what)を知るには、それが、「いつ(when)・どのように(how)・なぜ(why)生まれてくるのか」を明らかにすることが必要です。私は、人間の心の発達とその進化史的基盤を、個を取り巻く母親を中心とした他者、社会、そして文化との関係において解き明かそうとしています。現在の研究対象は、ヒト、チンパンジー、オランウータンなどの大型類人で、それぞれの種の胎児期から乳幼児期にいたる社会的認知の発達過程を調べ、比較しています。こうした活動によって、ヒト特有の社会的認知の進化の道のりが明らかになることが期待されます。

主要業績
明和政子(2004) なぜ「まね」をするのか. 東京: 河出書房新社.
Myowa-Yamakoshi, M., Tomonaga, M., Tanaka, M., & Matsuzawa, T. (2004) Imitation in neonatal chimpanzees (Pan troglodytes). Developmental Science, 7(4), 437-442.
Myowa-Yamakoshi, M., Tomonaga, M., Yamauchi, M.K., Tanaka, M., & Matsuzawa, T. (2005) Development of face recognition in infant chimpanzees (Pan troglodytes). Cognitive Development, 20, 49-63.
Bard, K.A., Myowa-Yamakoshi, M., Tomonaga, M., Tanaka, M., Quinn, J., Costall, A. & Matsuzawa, T. (2005) Group differences in the mutual gaze of chimpanzees (Pan troglodytes). Developmental Psychology, 41(4), 616-624.
明和政子(2006) 模倣から心の理論へ 大津由紀夫・波多野誼余夫・三宅なほみ(編)「認知心理学への招待2」pp.184-202, 東京: 研究社.
明和政子(2006) 心が芽ばえるとき ―コミュニケーションの誕生と進化. 東京: NTT出版.
Myowa-Yamakoshi, M. & Takeshita, H. (2006) Do human fetuses anticipate self-directed actions? A study by four-dimensional (4D) ultrasonography. Infancy, 10(3), 289-301.

Page Top

powered by google