ホーム > 研究活動 > メンバー

Last-Modified:10-Mar-08 14:15:22. JST

やまだようこ(山田洋子 YAMADA, Yoko)


所属:京都大学大学院教育学研究科 教育方法学講座(発達教育論)
職階:教授

グローバルCOEでの主な担当プロジェクト

  • 「心が活きるフィールド教育と生涯発達のサポートとシステム」代表者(ユニットC)
  • 広報委員長

研究紹介
 1 ライフサイクルと生涯発達心理学の理論モデル
生涯発達心理学において、ライフ(人生、いのち、生涯、生活)をどのようにとらえるかを考え、ライフサイクルの新しい理論モデルを国際的に発信することをめざしています。特に、従来の発達心理学が依拠してきたモデルを「西欧近代のリニア・プログレッシブ(線形上昇)モデル」と把握して、新しい「生成的ネットワーク(網目)モデル」を提案してきました。
生涯発達心理学は、時間軸にそって変化するプロセスを扱いますから、時間概念と切り離すことができません。一方向的に進行する直線的時間概念に対して、世代サイクルといのちサイクルを含む、循環的時間概念の重要性を指摘し、エリクソンの生成継承性(generativity)概念とリンクして発展させる「生成的ライフサイクルモデル(generative life cycle model)」を提案してきました。

2 ナラティヴ心理学と質的心理学の方法論
 生涯発達の見方の転回(ターン)は、方法論の転回(ターン)とむすびついています。ナラティヴ(語り・物語)アプローチによる「モデル生成的質的方法論」を提案し、21世紀になって学横断的に注目されるようになった、質的研究方法論をさらに変革しています。ナラティヴを時間系列にしばられない「生成的むすび論」へと定義を変え、具体的なモデル生成の方法論を構築しているところです。
「京都の伝統と世代間継承」のフィールドワークとインタビュー研究、「喪失の語り」研究や、イメージ画による多文化研究など、具体的データからボトム・アップに抽出するモデルと、理論から演繹的にトップダウンで思考するモデルとのあいだの多声的・対話関係を重視しています。

3 イメージ画による多文化研究
 「私と母の関係イメージ」「この世とあの世のイメージ」「人生のイメージ地図」など、日本、イギリス、フランス、ベトナム、オーストリアなど多文化研究によって、時間と場所を対話的に交差させた、クロノトポス図像モデル生成による多文化研究を行っています。

主要業績
Yamada, Y. (2004) The generative life cycle model: Integration of Japanese folk images and generativity. de St. Aubin, E., McAdams, D.P., & Kim, T. C. (Eds.), The generative society: Caring for futurer generations(pp.97-112). American Psychological Association.
Yamada, Y., & Kato, Y. (2004) Japanese and French students' images of the soul and its passage after death. In Formanek, S. & Lafleur, W. (Eds.) Practicing the afterlife: Perspectives from Japan. (Pp.437-459.) Verlag der Osterreichen Akademie der Wissenschaften.
Yamada, Y. & Kato, Y. (2006) Images of circular time and spiral repetition: The generative life cycle model. Culture & Psychology, 12, 2, 143-160.
(20)Yamada, Y. & Kato, Y. (2006) Directionality of development and Ryoko Model.: Reply to four comments. Culture & Psychology, 12, 2, 260-272.
やまだようこ (2007) 喪失の語り-生成のライフストーリー. 東京: 新曜社.
やまだようこ(編) (2007) 質的心理学の方法-語りをきく. 東京: 新曜社.
Yamada, Y. (2007.) Opposite and coexistent dialogues: Repeated voices and the side-by-side position of self and other. In Sugiman, T., Gergen, K.J., Wagner, W., & Yamada, Y. (Eds.) (2007.) Meaning in action: Constructions, narratives, and representations. Tokyo: Scringer-Verlag. 223-239.

個人HP
やまだようこ個人ページ

Page Top

powered by google