ホーム > 研究活動 > プロジェクト

Last-Modified:16-Mar-08 13:08:04. JST

個の成長と幸福のための教育:教育学と心理学の学際的国際交流プロジェクト


研究代表者:齋藤直子
研究メンバー:子安増生・楠見孝・西平直・前平泰志

プロジェクト概要
 「心が活きる教育」に不可欠な視点として、「個の成長」(personal growth)と「幸福」(happiness)につながる教育のあり方を、教育学と心理学の学際的対話を通じて多角的視点から考察する。平成19年度の企画における個別テーマとして、(1)「読むこと・書くこと・語ること」、(2)教育における「自己?他者?言語」の相互関連性、(3)「批判的思考」を掲げ、哲学的、心理学的、認知科学的アプローチを中心に関連諸領域の研究者間で対話的討議を行なう。平成20年度はこれらの課題に「セラピーと教育」を加え、研究を発展させる。本研究は、ロンドン大学教育研究所との学術・学生交流を中心にして行なわれる国際交流プロジェクトである。

(4)平成19年度実施企画
企画1 ロンドン大学教育研究所Paul Standish教授第一回講演会
“Critical Thinking in Crisis”(「危機にある批判的思考」)
日時:2008年2月10日(日)13:30~15:30
場所:京都大学百周年時計台記念館2F会議室Ⅲ

 スタンディッシュ教授のご専門は教育哲学で、デリダ、リオタール、レヴィナスなどポスト構造主義の言語哲学およびエマソンやカベルのアメリカ哲学と教育との関わりを中心としたご研究が中心です。著書は、Beyond the Self: Wittgenstein, Heidegger and the limits of language (1992)(単著)、Education in an age of nihilism (2000)、The Therapy of education: Philosophy, happiness and personal growth (2007)(共著)を含め多数あります。
 ご講演では、当グローバルCOEの主旨のひとつである、教育学と心理学の学際的国際交流の試みとして、「危機にある批判的思考」と題し、教育哲学と認知心理学の接点に関わるご講演をしていただきました。イギリスの教育における批判的思考の動向についての批判的考察、「批判的思考」が批判的であるために求められる「危機」(crisis)の概念の哲学的議論を含め、真に批判し思考できる人間の育成について活発な討議が行なわれました。

企画2 ロンドン大学教育研究所Paul Standish教授第二回講演会
“Reading, Writing and Narrative”(「読むこと・書くこと・語ること」)
日時:2008年2月13日(水)14:00~17:00
場所:京都大学大学院教育学研究科会議室(1階)

 当グローバルCOEの課題の一つである「幸福と教育」の問題を考え討議する場として、最新著The Therapy of Education: Philosophy, Happiness and Personal Growth (2007)をもとに、ナラティブと自伝的に書くことの関わりを中心として、幸福と個の成長につながる教育のあり方を哲学的に論じていただきました。

企画3 ロンドン大学教育研究所と京都大学教育学研究所の国際シンポジウム
International Symposium for an exchange between the Institute of Education (IOE), University of London and Graduate School of Education, Kyoto University (Kyoto)

“Self, other and language: Dialogue between philosophy, psychology and comparative education”

Tuesday, 25 March- Wednesday, 26 March 2008
Institute of Education, University of London

 ロンドン大学教育研究所の教員、研究員、大学院生(約20名参加予定)と、京都大学大学院教育研究科の教員、教員、大学院生(10名参加予定)が、心理学的、哲学的、比較教育学的アプローチから、「自己、他者、言語」を主題に研究発表を企画します。プログラムは、ロンドン大学側、京大側の発表者を研究テーマごとに組にして学際的な対話交流を目指します。

Page Top

powered by google